iPodで再生できる動画

iPodは、H.264形式とMPEG4形式の動画が再生できます。ディスプレイの解像度にあわせてエンコードすると、よりきれいに再生できます。

画面サイズ

H.264とMPEG4.の違い

動画形式 H.264 MPEG4
概要 Blu-ray Discやワンセグなどで採用されている動画形式。 低速な回線からハイビジョン並みの画質まで、幅広い画質をもつ動画形式。オーディオプロファイルがAAC形式なら汎用性が高い。
iPod側の対応仕様 ・最高1.5Mbps、640x480、毎秒30フレーム
・H.264バージョンのLow-Complexityベースラインプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)
・48kHz、m4v/mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ

・最高2.5Mbps、640x480、毎秒30フレーム
・最高レベル3.0のベースラインプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)
・48kHz、m4v/mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
・最高2.5Mbps、640x480、毎秒30フレーム
・シンプルプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)
・48kHz、m4v/mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
メリット ・高画質高圧縮。
・ブロックノイズが少ない。
・変換時間が短い。
・解像度を大きく設定できる。
・広く普及している。
デメリット ・エンコードにはそれなりのマシンスペックが必要。
・H.264形式は、「ベースライン」「メイン」「拡張」という3種類のプロファイルをもてるが、iPodで再生できるのは、ベースラインプロファイルのみ。
・ブロックノイズが多少残る。

オススメ

このページ先頭へ