iCloudとは?

iCloudとは?iPhone、iPad、iPod touchといったiOSデバイスと、MacやWindowsPC内にある様々なデータをインターネット上のサーバーに保存、管理できる無料サービスです。
また、iCloudに登録すると、購入した音楽やアプリケーション、ダウンロードした書籍、フォトストリームの写真の保存先とは別に、無料で5GBのストレージが利用できます。

iCloudの設定方法

ホーム画面iCloudを利用するためには、設定が必要です。
ホーム画面で、「設定」をタップします。

iCloud設定のメニューから、「iCloud」をタップします。
設定メニューの中盤くらいにあります。

バックアップできません。ポップアップ。画面のようなポップアップがでたら、「後で」をタップします。
バックアップは、後から設定できるので、まずは、認証を先に行います。

メール確認画面に表示されている「メール確認」タップします。
これで、iCloudを設定するための確認メールが送信されます。
メールの送信先は、iTunesを登録した時のメールアドレスです。

メールから登録するメールの中にある「今すぐ確認」をクリックして、認証画面を表示させます。

IDとパスワードで認証する認証画面が表示されるので、Apple IDとパスワードの認証画面が表示されるので、入力して、アドレスの確認をタップします。

メールでの認証完了メールでの認証は完了です。MobileMeのアカウントを設定してくださいとでますが、あまり気にしなくてOKです。

ブックマークの統合確認認証が完了したら、また、ホーム画面から「設定」>「iCloud」をタップしてiCloudの画面を開きます。

画面にブックマークをiCloudと統合するかどうかを確認する画面が表示されるので、任意で選択してください。

位置情報の確認次に位置情報確認画面が表示されるので、任意で選択してください。
位置情報を許可すると、「iPodを探す」の項目を有効にでき、このiPodの所在地を地図で表示するなどのサービスが利用できるようになります。

iCloudの各種設定これで、iCloudの設定がいろいろできるようになります。必要に応じてON/OFFを切り替えて設定をしましょう。

iCloudのバックアップを設定する

ホーム画面iCloudの設定メニューの下に「ストーレッジとバックアップ」のボタンがあるので、タップします。

iCloudストーレッジは、5GBまでは、無料で利用できます。
バックアップは、「iCloudバックアップ」をオンに設定すると、バックアップを利用できるようになります。
iCloudにバックアップをとることで、いろいろなデバイスでデータを共有することができるようになります。
ウェブからアクセスすることもできます。
https://www.icloud.com/

オススメ

このページ先頭へ